一年中快適に過ごせるエアパス工法が人気を博す

安全に快適に暮らすため

一軒家

建築における工夫や相場

枚方市は、新築一戸建てを建築または購入しやすい都市として注目されています。というのも枚方市の地価は、大阪全体の平均地価の半分程度となっているので、その分新築一戸建ての建築用の土地を安く手に入れることができるからです。なおかつ標高が高めで、地盤が強固な地域が多く、水害や地震による被害が発生しにくい点でも注目されています。大阪では川の氾濫や液状化のリスクが高めとなっているのですが、枚方市でなら比較的安全に生活できるのです。つまり枚方市では、新築一戸建てを良い状態で長持ちさせやすいということです。しかも昨今では、より長持ちさせるための工夫を凝らした新築一戸建ても多く建築されるようになっています。たとえば、基礎を鉄筋コンクリートで囲ったり、壁の内部に細い筋交いではなく厚い石膏ボードを入れたりといった具合です。前者には、川が氾濫しても床下に水が入りにくいという特徴が、後者には揺れに強く、倒壊しにくいという特徴があるのです。この他にも、屋外からの熱気を遮断する外断熱工法で建てられた新築一戸建てや、屋根や外壁に断熱塗料を塗った新築一戸建てもあります。いずれも、標高が高い分気温も上昇しがちな枚方市の気候に合わせて建築されているのです。価格相場は、立地条件にもよりますが、土地費用込みで3400万円ほどとなっています。中には2000万円台で売りに出されているローコスト住宅もあり、より購入しやすいことから注目されています。