一年中快適に過ごせるエアパス工法が人気を博す

部屋

回遊動線による効率化向上

自由に設計できる注文住宅は、女性の建築士やプランナーが設計に携わる住宅が人気です。豊橋市でも、ステップが取り除かれた住宅や階段の小さい住宅など、お子さんやお年寄りに合わせた住宅が実現できます。ペットやタバコのにおい防止やワークスペースの充実した自宅など、家族にとって暮らしやすい家を手に入れることができます。

一軒家

安全に快適に暮らすため

枚方市は、大阪では比較的地価が低いにもかかわらず、標高が高く地盤が頑丈な地域です。そのため枚方市の新築一戸建ては、購入しやすく長持ちさせやすいことから注目されています。また、基礎を強固にしたり断熱性を高めたりといった、より安全に快適に過ごすための工夫も多く凝らされています。

究極のエコ住宅

住宅

自然を最大限に生かす

日本には様々な住宅メーカーがあり、様々な工法で住宅を建築している。特に近年では、高気密・高断熱を売りにする住宅メーカーも多くなってきた。こらは「冬暖かくて夏涼しい」を特徴としている。一方、外部からの自然な空気を取り入れようという流れも以前より顕著に出てきている。「エアパス工法」は、そんな2つの工法を併せ持っている。つまり、外気を自然に取り入れながら「冬暖かくて夏涼しい」を実現させているのである。仕掛けは、「床下換気口」と「小屋換気口」にある。夏は、家の床下換気口と小屋換気口を開けておくのだ。すると床下換気口から取り入れた冷気が外壁と断熱材の間の空間を通って上昇していく。その過程で生じた熱気を湿度とともに小屋換気口から排出することで、涼しく適度な湿度に保たれた室内環境を得られるという仕組みである。逆に冬は、床下換気口と小屋換気口を閉めておく。すると、太陽光が外壁と断熱材の間の空間や屋根を暖める。空間内の暖まった空気が循環することで室内空間を暖かくし、さらに適度な湿度も保てるため快適に暮らせるようになっている。エアパス工法は、自然環境をうまく利用することで、冷暖房などによる電気代の抑制などに効果がある。また、機械などによる計画換気ではなく、自然換気を導入している。エアパス工法に代表されるような、電力を極力利用せず自然を最大限生かす太陽光の利用は「パッシブソーラーハウス」と呼ばれている。近年の住宅は機械化されたものが多くなってきた。それでは室内環境はよくても電気代がかかる。エアパス工法は環境も、そして経済面にも配慮された究極のエコ住宅なのである。

住宅

住環境は生活に影響します

理想的な一戸建て住宅なら、大阪市内を中心に探すのが最適です。利便性が良く、快適な暮らしができるでしょう。特に東成区や生野区付近には、優良な新築一戸建て住宅が沢山あります。建売住宅なら格安価格で購入できます。